powered by Google
施設のご案内|薬局について|のページです
 
 

薬局について

薬局は、医薬品を安全に管理し、患者さまに薬の効き方や使い方(用法・用量)について正しくご理解していただくために、医師の指示により有効かつ適切な情報をお伝えすることが主な業務です。

※大分中村病院では薬剤師を募集しています。
詳しくはリクルートサイトをご覧ください。


※薬剤部パンフレット(PDF)はこちらから

調剤業務(入院調剤)

医師から出された処方箋に従い、入院患者さまの内服薬、外用薬の調剤を行っています。
薬の効果と安全性を確保するため、処方されたお薬の量や使用方法は適切であるか、飲み合わせ(相互作用)に問題がないか、他の受診科で二重にお薬が出ていないか等のチェックを行い、必要に応じ処方した医師に確認を行います。

病棟業務(薬剤管理指導業務)

病棟担当薬剤師は、医師・看護師等と連携し、医療チームの一員として薬剤師の立場から薬物治療へのバックアップを行っています。
薬剤指導では、病棟担当薬剤師が、患者さまとの会話を通して、薬が適切に服用されているか、副作用が起こっていないかなどのチェックを行っています。

DI業務(医薬品情報業務)

薬の有効かつ安全で適正な使用に際しては、それに伴う情報が不可欠です。
医薬品の適正使用を推進するため、お薬の注意事項や副作用などの医薬品情報を収集・管理し、情報が必要なときに取り出せる様に整理・評価し、医師・看護師等医療従事者へ提供しています。
院内医薬品情報 “薬局くん”は、月一回発行されています。DIは、Drag Informationの頭文字です。

上に戻る

患者さまへお願い

  1. お薬と一緒に「説明書」が添付されているものは必ずお読みください。
  2. お薬の「飲み方」や「使い方」を必ず確かめて下さい。
  3. お薬は、患者さまの症状を診た上で医師が処方していますので、「指示通り」にお飲み下さい。
  4. お薬は、患者さまの判断で量や回数を加減しないで下さい。
  5. 他の病院で受診されたり、薬局(市販)でお薬を購入されたときは、「お薬の説明書」を医師または薬剤師に必ずお見せ下さい。
  6. お薬は、コップ一杯の水か、ぬるま湯と一緒にお飲み下さい。
  7. お薬は、直射日光や、高温・湿気を避けて保管して下さい。
  8. お薬は、小さなお子様の手の届かないところに保管して下さい。
  9. お薬は、目的の効き目以外に「望ましくない作用」があらわれることがあります。「何かいつもと違う」と感じたら、早めに医師または薬剤師にお知らせ下さい。

上に戻る

 
 
Copyright Oita nakamura hospital. All rights reserved.