powered by Google
施設のご案内|総合リハビリテーションセンター|のページです
 
 

総合リハビリテーションセンター

当院は医学的リハビリテーションを患者さまの早期社会復帰の基本と捉えています。
院内には、診療項目としてリハビリテーション科、訓練施設として総合リハビリテーションセンター、回復期の患者さまのリハビリを行う専門病棟として回復期リハビリテーション病棟があります。それぞれが専門領域で全力を尽くすと共に、互いに連携しあい、病気やケガと闘う患者さまの一日も早い家庭復帰、社会復帰をめざしています。

上に戻る

総合リハビリテーションセンターのご案内



1階 理学療法室


地下1階 作業療法室


1階 言語療法室



理学療法室(1階)
言語療法室(1階)
作業療法室(地下1階)
※作業療法室にはエレベータ[E]をご利用下さい。

マン・ツー・マンの訓練
総合リハビリテーションセンターには、理学療法室、言語療法室、作業療法室があります。
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などの専門職が、患者さまに対して原則としてマン・ツー・マンで訓練を行います。


上に戻る

対象疾患について

脳梗塞、脳内出血等の脳神経外科領域、脊髄損傷、頚髄損傷、骨折、切断、各種関節疾患、スポーツ外傷等の整形外科・形成外科領域、加えて、脳性麻痺や二分脊椎症等の、小児を含む先天性疾患もその対象としています。
それらの様々な症状の患者さまに対し、医師の処方により、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門職が訓練を行い、病状の改善に最大限の努力しています。
早期社会復帰というひとつの目的を患者さま、医師、療法士が共有しながらリハビリに取り組んでいます。

上に戻る

 
 
Copyright Oita nakamura hospital. All rights reserved.