大分中村病院
powered by Google
病院のご案内|診療科のご案内|内科・リウマチ科|のページです
 
大分中村病院 内科・糖尿病内科
 

内科・リウマチ科

関節リウマチを中心に膠原病の診断、治療をおこなっています。また一般内科の診療も行っております。
関節リウマチの治療は近年大きく進歩しており、今までの抗リウマチ薬に加え、有効性の高い治療薬が登場しています。早期発見が重要ですので何かあればご相談ください。
膠原病は、原因が不明で治療法のない「難病」というイメージが強くもたれています。現在でも原因不明な部分は多いですが、自己免疫の病気であり、暴走した自己攻撃を止めることが多くの膠原病疾患における治療目標です。それにはステロイド薬が使われ、近年では様々な免疫抑制剤が発見され使用されるようになっています。医学の進歩によって、膠原病の生命予後は大きく改善しています。膠原病では多彩な臨床症状を呈すため、患者さん一人ひとりに合わせた治療を考えていきます。
関節痛、抗核抗体陽性などの免疫異常を示す患者さんの受診をお待ちしています。

上に戻る

対象となる主な症状

原因不明な発熱の持続
多関節痛

上に戻る

内科・リウマチ科 外来担当スケジュール

 
午前 安部   安部      

※各診療科毎に診療の曜日・時間が異なります。上記外来担当スケジュールおよび
外来受付時間・診療時間外来休診予定表をご確認の上、ご来院ください。

上に戻る

内科・リウマチ科 担当医の紹介(常勤医師)

安部 学朗 あべ がくろう

(内科・リウマチ科副部長)

専門分野
膠原病内科
資格等
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本内科学会認定内科医
趣味・特技 サッカー
患者さまへメッセージ
患者さま一人ひとり丁寧に対応していきたいと思います。また、リウマチなどの心配があれば、ご相談いただけたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。

上に戻る

 
 
Copyright Oita nakamura hospital. All rights reserved.