大分中村病院
powered by Google
病院のご案内|診療科のご案内|循環器内科|のページです
 
大分中村病院 循環器内科
 

循環器内科

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患のカテーテル治療(経皮的冠動脈形成術)を最も得意としており、24時間体制で対応しております。その他、不整脈や高血圧、大動脈・肺動脈疾患、閉塞性動脈硬化症などの末梢血管疾患など、循環器全般に渡る診療を行っております。また、睡眠時無呼吸症候群の診療と治療にも力を入れています。

虚血性心疾患のカテーテル治療(経皮的冠動脈形成術)は、細い管(カテーテル)を動脈内に挿入して、狭くなったり閉塞してしまった冠動脈をバルーンやステントで拡張して血流を回復する治療です。当院ではほとんどの症例を手首からのアプローチで施行しており、患者様の負担軽減に努めております。また、徐脈性不整脈に対する永久ペースメーカー植え込み術も積極的に行っており、植え込み後のリード損傷が少ない胸郭外穿刺法と、長期的な生命予後の改善が期待される心房中隔・心室中隔ペーシング法を採用しております。

上に戻る

循環器内科の主な病状

  • 胸や背中の痛み
  • 動悸、息切れ
  • 脈が速くなったり遅くなったりする
  • めまいやふらつきがある、意識がなくなる
  • 手足や顔が腫れてきた
  • 健康診断で高血圧、心臓の雑音や心電図異常を指摘された
  • いびきがひどい、睡眠中の無呼吸を指摘された

↓↓循環器内科に対するギモンにお答えするコーナーです↓↓

上に戻る

循環器内科 専門外来

  • 睡眠時無呼吸外来
    水曜日/13:00〜17:00
  • 胸痛専門外来
    金曜日/9:00〜12:00

上に戻る

循環器内科 外来担当スケジュール

 
午前 三井 渡邉
麻生(崇)
中石 三井

渡邉(※胸痛)
中石
(10:30〜)

中石
麻生(崇)
午後 渡邉   鳥越
(15:30まで受付)
河野(※睡眠)
渡邉 麻生(崇)  

※睡眠=睡眠時無呼吸外来、 ※胸痛=胸痛専門外来
※各専門外来は対象の患者さまのみの診療となりますのでご注意ください。

※各診療科毎に診療の曜日・時間が異なります。上記外来担当スケジュールおよび
外来受付時間・診療時間外来休診予定表をご確認の上、ご来院ください。

上に戻る

循環器内科 担当医の紹介(常勤医師)

大分中村病院 渡邉充(循環器内科)

渡邉 充 わたなべ とおる

(副院長・内科部長)

専門分野
循環器内科(虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療)
専門外来 胸痛専門外来
資格等
日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医
趣味・特技 読書、映画鑑賞、ドライブ
患者さまへメッセージ
患者さまの訴えに耳を傾け、要望に応え、よく相談しながら納得して治療を受けていただける患者さま本位の医療を実践していきたいと思います。また、専門領域である循環器疾患のみならず、内科全般幅広く対応していきますのでよろしくお願いします。

大分中村病院 中石徹(循環器内科)

中石 徹 なかいし とおる

(循環器内科部長)

専門分野
循環器疾患(虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療)
資格等
日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医・専門医、心臓リハビリテーション指導士、医学博士
趣味・特技 沖縄空手道、料理
患者さまへメッセージ
常に患者さまの立場で、良質な医療を提供できる様に努力したいと思います。

麻生 崇則 あそう たかのり

(循環器内科副部長)

専門分野 循環器内科
資格等
日本循環器学会専門医、日本内科学会認定医
趣味・特技 各地のビアホールめぐり
患者さまへメッセージ
少しでもお役に立てればと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

鳥越 久美栄 とりごえ くみえ

専門分野 循環器内科
資格等
医学博士、日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医
趣味・特技 英会話、旅行
患者さまへメッセージ

患者さま一人ひとりに対し丁寧な診察を心がけ、安心と信頼に基づいた医療を提供できるよう努力します。


三井 マルセロ 孝広
みつい まるせろ たかひろ

専門分野 循環器内科
資格等
日本渡航医学会認定医療職
趣味・特技 スペイン語、英語、ポルトガル語
患者さまへメッセージ
わかりやすい言葉で患者様にご説明出来るよう誠意を尽くします。


循環器内科 担当医の紹介(非常勤医師)

河野 嘉之 かわの よしゆき

所属 社会医療法人財団天心堂 へつぎ病院 循環器内科部長
外来担当 循環器内科
水曜日/13:00〜17:00
専門外来 睡眠時無呼吸外来

上に戻る

 
 
Copyright Oita nakamura hospital. All rights reserved.